« 私、嘘をついておりました・・・ | トップページ | ブチ子とアヌビアス・ナナ »

ポッックス病治療法&掲示板(コメント欄)

ポックス病検索でいらっしゃる方が、わりにいらっしゃるので、治療法をまとめてみました。

トップページから消えても、リンクに貼って、すぐに開けるようにしています。

私の金魚にひとまずの効果が出ました。 

現在は別の金魚(ラブ)に実行中。

そして、この方法を試された方々で、変化があった方々がコメントをくださっています。この記事のコメント欄を、ポックス病治療の掲示板にしていきたいと考えています。

治療の成果や新しい情報、画像のリンク貼りなど、ぜひお寄せください!ご自分のサイトやブログをお持ちでない方は、メールでくだされば掲載します。よろしくおねがいします!!

  この記事の最後に、いただいた情報を紹介した記事のリンクをはっています!

 

この治療法は、常連読者さまの秋葉男さんが、コメント欄で教えて下さったもので、水産試験センターの方からの情報だそうです。

070523_024247 ←catも、アカに実行(目にご注目画像クリックで少し大きくなります)。この腫瘍がほとんど目立たなくなりました。治療の経緯はこの記事の最下部のリンクか、上の『ひとまずの効果・・』をクリックしてください。

 

 

  

 

 

 しかしアカは腫瘍が無くなった後数ヶ月で死んでしまいました。死因のポックス病との関連性は不明です。私のミスなので。

現在はラブに実行中↓

Sodattaodeki

 

アカはひどく転覆していましたが、ラブはとても元気!結果が出ればよいのですが。

  

  注!) まずは病気の見極めが大切ですよ!

         水槽で金魚の場合の治療法です。

 

  • 水温を、一日1℃ずつのペースで34℃迄上げる。
  • 薬浴も並行して行うなら、メチレン・ブルー、観パラD、エルバージュという薬がお勧め。
    薬浴は、水温上昇による固体保護の為とウィルスを叩く為のもので、直接的に患部には、作用しないと思われる。
  • 水温を34℃に上げて、一週間程度で一度、治療を中止し、少し時間をおいてから、再度、治療する。

  何故、ポックス病(乳頭腫)や穴開き病が、発症するのか。鯉や金魚もしくは、鮒が自分の体内に元々持っている、ウィルスが、以上に増え過ぎて発症に至るとの事。
 このウィルスを完全に取り除く事は出来ないが、水温を上昇させて、過剰に増えすぎた、ウィルスを叩き、更にウィルスの抗体を作る事が出来るそうです。
 過剰に増えすぎた、ウィルスは、34℃の水温により駆除されて、抗体が出来、発病しにくい身体に成るそうです。

 研究員さん、曰く、知り合いの方の鯉は、この治療でポックス病による、腫瘍は、無くなったそうですがかなり、時間かかかったそうです。

 

   ----------------------------------------------- 

    flair実行された方からの情報flair

・12月3日UP Rさんの治療状況&画像

・ 3月23日UP 私のアカ平に出た効果

 

  

|

« 私、嘘をついておりました・・・ | トップページ | ブチ子とアヌビアス・ナナ »

コメント

CATさんへ
こんばんは。
私の書き込みの為に態々項目まで、御作り頂いた様で、色々と御手間を取らせて、逆に御迷惑等お掛けしていませんか??
気がかりです・・・・。

それと、余談では、有りますが、この加温治療法、実は、私も試して観ましたっと言うか、試さざるえない、状況に立たされ実践致しました。
病固体は、次の二固体群です。
一つ目の個体群は錦鯉を始めとする所謂、長手の個体群です。
症状(病名)は所謂、穴開き病でした、私の場合、発見が遅かったのか、病気の進行が早かったのか、治療開始時には、病状がかなり進行致しておりましたので、観パラDと加温療法で、望みました。
当時のこの個体群の水温は、28℃だったのですが、病気の進行状況が早い様に思われたので二日で一気に治療水温の34℃迄引き上げましたが、病気の固体(ドイツ鯉)は、お蔭様で、多少傷跡は、残った物の今では、元気に他の個体達と餌の冷凍赤虫をガッツイテ食べております。
この後同じ方法で、今一度治療致しました、結果この個体群に再発の兆候は、有りません。

それと、もう一つも個体群ですが、土佐金(当歳)の個体群です。
こちらは、多分、白点病だと思います。
多分と書き込んだのは、似た様な症状の新種ウィルスの病気が有るらしいいからです。
こちらは、正直に言いますと当歳の為か様子がおかしい(餌を食べない)と思ってから、僅か一時間位の間に半数の固体が残念でしたが亡くなりました・・・・。(私のミスに他なりません)
この時の水温は、やはり、28℃でした、正直、思案している時間を掛けていたら、更に悲劇が進行すると思い、祈る思いで三時間程で治療水温に引き上げました。
結果、その後、二日間程餌の食べかたが落ちましたが、三日目から序所に回復すると同時に白点も、消えました、因みにこの時は、トロピカル・ゴールドとの併用療法でしたが、今では、こちらもとても、元気で、私が水槽の前をとうる度に「もっと餌よこせ!!」とばかりに寄って来ます。
以上が、当方での加温治療の結果です。
それと余談ですが、薬との併用療法の際、エルバージュを使用する際には、水槽に照明を付けて居る場合は、照明は消して、おく様にしましょう、薬効が照明により分解されてしまいます。
それと、メチレン・ブルーやトロピカル・ゴールドを使用する際は以前CATさんも書かれていますが、濾過槽で、薬効が、落ちますのでこちらも注意して薬効が落ちない様に注意です。

それと、本当に私の書き込みでCATさんを始め、CATさんのブログを御覧に成っている皆さんの御役たっているのでしょうか??
もしも、逆に御迷惑をお掛けしている様でしたら、お許し下さいます様にお願い致します。
それでは、いつも以上の長文の乱文にて失礼致します。

投稿: 秋葉男 | 2007年9月27日 (木) 23時00分

>秋葉男さん
毎度コメントありがとうございます!!
 温度治療っていろんな病気に使えるんですね。そういえば、白点病は温度を上げると死滅する・・・・という内容をどこかで見たと思います。(さくだいおうさまサイトかも)←探してみましたがみつけられず(汗)他サイトかも。すみません(07.9.29追記)
 
  >本当に私の書き込みでCATさんを始め、CATさんのブロを御覧に成っている皆さんの御役たっているのでしょうか??

もちろん、catにはとても参考になっています!ただ、とてもいい情報なのに、コメント欄まで見ないと、たどりつけないのでは、検索でいらっしゃる方々は、見逃してしまうのでは?と思い記事にしました。
 役にたったときに、その方がコメントくださると、秋葉男さんも、私もうれしいですね♪そのときは、このコメント欄が掲示板がわりになってもぜんぜんOKです。

投稿: mascara cat | 2007年9月28日 (金) 01時35分

マスカラ・キャット様
はじめまして。
金魚すくいのリュウキンを、「一人っ子政策」で育てて丸5年になります。2年ぐらい前からアタマにコブが出来はじめ、今ではアタマがボコボコにふくらみ、エラや背中も少しずつふくらんできてしまいました。「治らない病気」とあきらめて、悲観していたところ、こちらの情報に出会いました。5年も一緒に過ごしている大切なパートナーなので出来る限りのことをしてあげたいと思い、本日より早速昇温を実行しています。(ひとまずクスリは無しでやってみたいと思います)
不躾で恐縮ですが、お尋ねしたいことがあります。
「水温を34度にあげて、一週間程度で一度治療を中止」ということですが、これは「ヒーターを切って、常温に戻す」ということでしょうか? そして「少し時間をおいてから、再度治療する」この「時間」は何日ぐらいと考えればよいのでしょうか?
30度での昇温塩浴法は経験があるのですが、34度という高温は未経験で、少々ビビッていることと、長期戦を覚悟していますので、目安をお教えいただけるとありがたく思います。
CATさんの「アカ」さんの様子は、その後いかがでしょうか? 

投稿: コメやん | 2008年6月18日 (水) 16時33分

>コメやんさん
はじめまして、2年越しの病気の子ですか・・・・。たいへんですね。

まず、こちら→http://www.valley.ne.jp/~szk/byouki/byouki_photo3.html#34
などで、病気の見極めをなさって下さい。見極め済でしたらすみません(汗)
そして、記事中にも書いてありますが、うちの金魚でも確実な結果はまだ出ておりませんので、100%効果のある治療とは申し上げられません。そして、この治療法は、これまた記事中に書いてありますが、人様から戴いた情報なので、これからお伝えする内容は、半分は私の我流です。ご了承ください。

私の場合、治療を中止するとき、一気に水温を下げずに、1日に2~3度ずつヒーターの温度を下げるようにしています。短時間で水温を変えるのは、金魚の負担になると考えているからです。そして、常温に戻したら、薬浴もいったん止めています。
治療の再開は、1週間ほどおいてますが、治療対象の金魚の様子をみて再開するようにしています。体力があれば、食欲もあり、いい糞をしています。

私は、高温の治療中は金魚の体が傷つきやすいように感じてますので、薬浴も同時になさることをおすすめします。

正直、アカの状態は、『良くも悪くもなってない』のが現状です。ただ、できものの大きさからも、まだ病気の初期段階ですので、体力のある個体です。34℃でもちゃんと生存してますよ。

私は、この治療法は、金魚の体力次第な気がしています。くれぐれも、金魚ちゃんの様子を見ながら治療にあたってください。

念を押しますが、半分は私の我流であり、私の見解です。こんなでお役に立てるかは、私も分かりません。申し訳ありません。
大切な子の治療だからこそ、慎重に治療なさってください。

ちなみに、上の秋葉男さんのコメントも参考になりますよ。

投稿: mascara cat | 2008年6月19日 (木) 02時18分

マスカラ・キャットさま
お返事ありがとうございます。大変に心強く思います。
秋葉男さんのコメントも、もちろん「神の声」のように大切に、一行ももらさずに読んでいます。(お世話になります)
今週の月曜日に、目標の34度に到達! もちろんエアレーションも強化してブクブクの状態にも監視の目を光らせています。
なるほど、高温下ではストレスも溜まるし、体力も落ちますよね。。個体保護のためにもクスリを投入することにします。常時0.3%の塩水飼育なので、場合によっては34度のさら水に交換してから(塩とクスリの相性について調べてみます)、手持ちの「エルバージュ」を投入します。水槽に照明は付けていないので大丈夫でしょう。
コメやん、ひとまず元気です! (金魚の名前も「コメやん」です)
でも、慎重に慎重に・・・。
折りを見て、経過報告を書かせてください。
アカとともに「アカるい未来」を夢見て・・・。

投稿: コメやん | 2008年6月25日 (水) 16時27分

-追記-
そうなんです。
ご紹介いただいたサイトの画像と同じなんです。
「味が出なくなった〈梅干しガム〉」をオデコにペトっとくっつけたみたいなものがあって、その周囲に新しい小さいコブがふたつみっつと増えつつあるんです。でも全然元気なのが、かえって不憫で。
最初は、オデコが「ふやけて白くなった」だけだったんですけど・・・。

投稿: コメやん | 2008年6月25日 (水) 17時15分

>コメやんさん
 お互い頑張りましょうねhappy01rock
経過報告大歓迎です!ぜひお願いします。

 そういえば、うちのアカ平、「良くも悪くも」と書きましたが、悪くなってないというところに光明があるかもですね。

梅干ガム・・・・すみません笑っちゃいましたcoldsweats01

ご訪問&コメントありがとうございます!
ぜひまたいらっしゃってくださいshine

投稿: mascara cat | 2008年6月28日 (土) 02時03分

突然すみません。
私はボックス病の和金を飼っているものです。
ネットで治療法を探したものの治す術がないというもの
ばかりで、Q&Aのサイトで貴サイトを見つけました。

今は34度に温度を保っているだけで、薬浴は行っていません。
薬は使ったほうがいいのでしょうか。
薬は、エルバージュを使おうと思っているのですが、
フィルターは使っているままでいいのでしょうか。

もう8年も一緒にいる金魚なので死んでしまうと悲しいです。
長くなりましたが、教えていただけるとうれしいです。

投稿: とも | 2008年9月25日 (木) 21時58分

>ともさん
8年も一緒の金魚!すばらしいですねshine

上のコメント欄のご質問でもお答えしてますが、私は、高温治療は金魚の体を痛めるように感じてますので、薬浴も同時に行ったほうがいいと思います。

たいへん申し訳ありませんが、私はエルバージュを使ったことがありませんので、エルバージュについては、エルバージュに付いているであろう使用説明を読んでくださいとしか言えません。
ともさんは、フィルターはどんなタイプをご使用なのでしょうか?今、私に言えることは、活性炭などが付いている、『薬品といっしょに使って大丈夫なの?』と疑問に感じるもの(科学反応的なことが起こりそうと思っちゃうもの)は避けたほうが良いのでは?ぐらいです。

くどいようですが、記事にも書いたとうり、この治療法は、人さまからいただいた情報で、現在実行している「アカ平」に良い結果はまだでていません。他のアカ平の記事や、上のコメントなども目を通して、治療するか否かは判断なさり、病気の見極めや、金魚の体調などをみながら、慎重に治療なさってください。
 そして、ともさんが実行なさって出た効果や変化、よい情報などありましたら、今後おしえてくださるとうれしいです。

パーフェクトでなくて、本当にすみません。大切な金魚ちゃん、かわいがってあげてください。

投稿: mascara cat | 2008年9月26日 (金) 01時57分

mascara catさんお久しぶりです。

経過報告です。
9月25日のコメントをさせていただいた時から
10月7日まで温度を34度に保たせて治るかな~
と観察していましたが、どうもダメなようでしたので、
10月8日から「エルバージュ」という400円くらいの
薬を入れてみました。

60リットルの水槽に5分の1ずつ入れていくのです
が、(24時間に1回のペースで)1週間も経っていないのにもかかわらず、もう小さいイボ(ボックス病のできもののこと)が、
なくなってきました。

ただ、餌をやるときに薬を入れてすぐだと、餌が判別
不能になるようで、食べにくそうにしているので、
エルバージュを入れる前に餌を食べさせたほうが
いいと思います。

あと、質問させていただいたフィルターのことに
ついては問題ないです。(活性炭とか入ってない
のを選びました。)

このサイトがなかったら死んでしまっていたかも
しれませんでした。ありがとうございます。
また、時間が出来たら経過報告しにきます。

投稿: とも | 2008年11月14日 (金) 14時23分

>ともさん
レスが遅くなってすみません!

すごいですね!そんなに早くよくなるなんてcoldsweats02

画像とか撮ってませんか?あれば、ぜひ見せていただきたいのですが。

ポックス病は再発の可能性が高いので、今後も様子をみてあげてください。

経過報告、ぜひお願いします!

ちなみにポ(半濁点)ックス病ですよcoldsweats01

コメントありがとうございますhappy01
ぜひまたいらっしゃってくださいshine

投稿: mascara cat | 2008年11月19日 (水) 23時25分

はじめまして。ポックス病の治療法で、貴サイトを参考にさせて頂きました。60cm水槽・観パラD・鷹の爪6本・塩0.2%で現在様子を見ています。

初期温度は26℃で、一日に1~1.5℃ずつ温度を上げていき、30.5℃あたりから、肉腫(直径3~4cm)に変化が現れました。

30.5℃あたりで、一部の皮がふやけて剥がれ、中の肉が見えるようになりました。血も出ておらず、肉腫以外の部分には特に変化は見られない為、肉腫に何かしらの効果が出てるのだと思います。翌日、中の肉がふやけて白くなり、ぶら下がっていました。
当時の水温は31℃です。夜に31.5度まで上げ、翌朝みてみると、白くなった肉が見事に剥がれ落ちていました。現在も上記の変化を繰り返しており、徐々に肉腫が減っています。

金魚はとても元気で、餌も食べさせています。水は減った分だけ、PH7.0の水を追加しています。現在治療開始から一週間ほどですので、また変化が見られたらご報告させて頂きたいと思います。

投稿: R | 2008年11月23日 (日) 17時40分

>Rさん
レスが遅くなりすみませんm(_ _)m

おお!すばらしい成果ですね!!shine

実は、はずかしながら、うちのアカ平に変化がないので、この治療記事の今後を考えていたところです。
が、Rさん、ともさんと、金魚に変化があらわれている方々がいらっしゃってくださっているので、このコメント欄を掲示板にしてしまうのがよいかと考えています。

Rさん、画像撮りはなさってますか?ご自分のサイトやブログをお持ちで、そこにUPしていらっしゃればアドレス貼りを、お持ちでない場合は、このblogにメールフォームを作りましたので、そこに送信をお願いしたいのですが。ご負担でなければよろしくお願いします。

そして今後の経過、大歓迎ですhappy02ぜひお願いします!

コメントありがとうございますshine
ぜひまたいらっしゃってくださいhappy01

投稿: mascara cat | 2008年11月25日 (火) 17時18分

こんにちは。自身のブログで写真は公開していないのですが、写真は撮っていましたので、メールフォームに数枚送らせて頂きました。元気が良すぎて動きまわるので、うまく撮れてはいませんが、参考にして頂けると幸いです。

投稿: R | 2008年12月 1日 (月) 16時37分

>Rさん
レスが遅くなりすみませんm(_ _)m
実は昨夜、記事UP後にコメレスを、と考えていたのですが、UPし修正中にココログがメンテナンスに入ってしまいまして(汗)

画像提供ありがとうございます!十分キレイな写真です。紹介させていただきました。
今後も状況をぜひおしえてください。

コメントありがとうございますshine
ぜひまたいらっしゃってくださいhappy01

投稿: mascara cat | 2008年12月 4日 (木) 01時35分

経過報告です。

11月まではエルバージュで薬浴を続けたのですが、
近くにあったペットショップがエルバージュの取り扱いを
止めてしまい、高いときつそうなので、水温を25度に
下げて見守っています。

薬を買うお金がなく(親にいってみたものの流される)
腫瘍は大きくなり、直径2センチ
ほどになってしまいました。
(15~16センチほどの金魚です)
餌は食べてます。

お年玉を貰ったので、観パラDを入れてみようと思います。
2000円くらいかな・・・。

投稿: とも | 2009年1月 6日 (火) 10時37分

>ともさん
レスが遅れてすみませんsweat01

お久しぶりですねhappy01

金魚ちゃんを思うお気持ちはわかりますが、この治療法での薬の役目は個体保護なので、直接患部に作用するものではありません。高価な薬品でなくてもよいかも。

実は、34℃の温度がみそなので、金魚の様子を見ながら、1週間を目安に長い目で続けてみてください。
ポックス病の腫瘍は、取れてもまた出来ることも多いそうです。

治療法や、このコメ欄をじっくり読んでくださいねwink

今後もぜひ経過報告お願いしますm(_ _)m
 
コメントありがとうございますup
ぜひまたいらっしゃってくださいshine

投稿: mascara cat | 2009年1月 8日 (木) 01時01分

こんにちは。ご回答ありがとうございます。

観パラDを購入しようと思ったところこれも売っていなかったもので、購入しませんでした。

温度を上げてみただけだと、腫瘍が大きくなってくるようなので薬を買おうと思ってました。(薬がないと腫瘍が大きくなるのはうちの金魚だけなのかも。)

薬がないので、塩(殺菌効果やリラックス効果があるようです。テトラのホームページに記載)を入れて様子を見ています。

少しずつ腫瘍が剥がれてきたようです。このまま様子を見ることにします。

アドバイスありがとうございました。

投稿: とも | 2009年1月16日 (金) 23時49分

>ともさん
 いろいろなサイトを参考に治療頑張ってくださいfish

また経過報告お待ちしておりますshine

新たな情報などもありましたら、ぜひお願いします!


コメントありがとうございますshine
ぜひまたいらっしゃってくださいwink

投稿: mascara cat | 2009年1月19日 (月) 00時08分

僕の飼っているシルクブリストルなのですが、皆さんの金魚さんの写真を見るとどうもポックス病じゃないようなのですが、、、
  できては(小さいうちに)とれて、またできる、、なんていう症状ってこのびょうきにありますか?
   うろこの下からできものがでてきて、最後に白いものが出てきて治るようなのですが、、、

投稿: ブリストル | 2010年5月20日 (木) 20時06分

>ブリストルさん

『治ったようで再発』はポックス病にはあるようですが、お話からだけでは判断できませんね。
とっても申し訳ないことに、私も専門化ではありませんし、このコメ欄も病気掲示板としてあまり機能していないので、メールフォームから画像などを送っていただければ、こちらでUPして、読者様にご意見をつのる、というご協力ができるくらいです。すみませんm(_ _)m

それにしても、金魚の病気って、けっこういろいろあって驚きますよね。
美しい金魚ちゃん、大事に治療してあげてください。

コメントありがとうございますshine
ぜひまたいらっしゃってくださいshine

投稿: mascara cat | 2010年5月21日 (金) 02時28分

はじめまして。
検索してこちらにたどり着きました。金魚の病気に付いて全く詳しくないので御教え下さい。

私は庭の池でリュウキンというのでしょうか、比較的丸くて尾っぽが四方に広がっているような形の複数の金魚を池で飼っています。

まず、金魚の状態ですが「ムナビレ」の付け根の頭側の付近からのムナビレの先のほうにかけて、白いぶつぶつが盛り上がって出来ています。金魚を上から見ると、左右対称にムナビレに盛り上がって広がっています。

普通に元気に泳ぎ、食べ、弱っている様子はありません。

ただ、一緒の池の、他の金魚にも全く同じ症状で広がってきています。

これがポックス病なのか、白点病なのか、白雲状なのか、水カビ病なのか全く分かりません。
それぞれの病気の違いと、私の金魚の病気だと思われる病気の治療方法を御教え下さいませ。何卒宜しく御願い致します。

投稿: | 2010年7月16日 (金) 12時48分

>2010年7月16日 (金) 12時48分さん
病気の見極め、難しいですよね。
私だけで判断するのは難しいので、新しい記事にて、読者さまからの意見も聞けるようにし、私の見解もいっしょに書きました。
参考にしてください。

コメントありがとうございますshine
ぜひまたいらっしゃってくださいshine

投稿: mascara cat | 2010年7月17日 (土) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204295/16591525

この記事へのトラックバック一覧です: ポッックス病治療法&掲示板(コメント欄):

« 私、嘘をついておりました・・・ | トップページ | ブチ子とアヌビアス・ナナ »